カフェ 百時(ももとき)

春日井市・古民家カフェとチーズケーキ専門店 カフェ百時

マルシェの原点

time 2016/12/19

マルシェの原点

昨日は阿久比 畑のマルシェに出店でした。

このマルシェは家族の様な温かさのある

居心地の良い仲間で成り立っています。

運営されている方も

出店者の方も

そしてお客様も。

到着するや否や、

お隣の出店者さんも

反対のお隣の出店者さんも

みんなうわっと集まってきて

あっという間に

荷物を降ろしてくれました。

お昼ごはんを予約し忘れてしまったなと

開店直後に考えていたら

食べたいと思ってたお弁当を

買って届けてくれたお客様に驚いてからのスタート。



朝一番にご自宅のファームで育てた

美味しいお米と卵を届けてくださったお客様。

毎回

出店先ではここが1番来やすいからと

20個以上も予約して

大きな大きな保冷バッグを肩に

高浜からお越し下さる

仲良しご夫婦。

出店者さんの子ども達に大人気の

チャリ弁さん。

ぽかぽか陽気の下

居眠りしている

可愛いお隣のたまごやさんのおじさん。

午後3時の終了近くにお隣のお漬物やさんと、

お向かいの珈琲屋さんの切れない行列を見ながら

「きっと彼女何にも飲んだり食べたり出来てないよね。大丈夫かしら」って気遣ったり。

最後は毎回丁寧に挨拶に一軒一軒に

ご挨拶にまわる主催者さん。

帰り際、なぜか毎度いつも1番片付けの遅い私の荷物を一緒に積んでくれる出店者の方。

そして最後はみんなで大きな手を振って

見送ってくれる

初めて出店した時から

ずっと前から変わらないこの感じ

家に着くまで

ずっと温かい余韻が残る。

マルシェの原点がここにはちゃんとある。

無数にある流行りのマルシェ。

規模や集客や売り上げ。

大切な事だけど

マルシェの本当の姿は

生産者と消費者が

丁寧に心を込めて作ったものを

手から手へお渡しするところ

畑のマルシェに出店すると

マルシェって素敵だなって思った日の事を

思い出します。

仲間でいられることに感謝。

昨日も本当にありがとうございました。

PS.

大好きなおそらさんが作るおぜんざい。



何故好きかって、

「かあさんと、ばあちゃんのレシピなんです。昔ながらの味です。」

彼のそういう心持ちにいつもジンとするからです。

大好きなしまちゃんの珈琲



何故好きかって

畑のマルシェの運営のお手伝いをしている彼女。

自分の事より、人のために動く彼女の姿をいつもみているから。

心にあること

百時 ゆるゆるウクレレ部

カフェ百時(ももとき)

もっち

もっち

春日井市で小さな古民家カフェを営んでいます。手づくり市を中心にチーズケーキの販売もしています。

最近のコメント


2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031